ぐるっと流山 ゆうゆう大学 令和元年第1回合同講演会

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1021634  更新日 令和1年5月24日 印刷

写真:講演会入口の様子

 令和元年5月8日(水曜日)、文化会館で第1回合同講演会が開催されました。「脳はバカ、腸はかしこい」と題し、東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授を講師に迎えました。藤田教授は医学博士であり、腸内細菌の研究等の第一人者として沢山の著書を持ち、マスメディアにも数多く出演されています。連休明けの開催でしたが、会場にはゆうゆう大学の学生のほか、市内外からたくさんの方が足を運んでくださり、来場者数は約600名を数えました。

写真:講演会の様子

 講演では、健康・長生きの秘訣として、腸内環境を健康に保つことや免疫力を高める生活のすすめについてお話しいただきました。難しい内容でしたが、ユーモアを交えながら分かりやすく説明いただき、場内は笑いの渦につつまれながら90分の講演を楽しんで聴くことができました。

写真:藤田教授

 藤田教授によると、私たちの腸には約3万種類、1000兆個に及ぶ細菌類が住んでいるそうです。腸内細菌類のことを「腸内フローラ」と呼びますが、「フローラ」とはお花畑を意味し、細菌類が作る集落が色鮮やかで、形がとてもきれいなためそう呼ばれています。「腸内フローラ」間の緊密な連携によって免疫系が活性化しており、それが病原菌などの新たに侵入してきた菌を排除しています。この「腸内フローラ」を構成している腸内細菌は、私たちの体を多方面から助け、病気にならないように、また、老化を防ぐように働いていることが分かっています。講演会では、さまざまな腸内環境の整え方についてもお話いただきました。

写真:講演会後半の様子

 次回のゆうゆう大学合同講演会は、令和元年7月23日(火曜日)、「雲の名前 空の不思議」と題して、空の探検家の武田康男氏の美しい映像を交えた講演を予定しています。お問い合わせは流山市文化会館04-7158-3462まで。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

流山市役所
代表電話:04-7158-1111
〒270-0192 千葉県流山市平和台1-1-1