現在位置 : トップページくらしの情報子育て手当・助成 › 子ども医療費の助成


ここから本文です。

子ども医療費の助成

更新日 平成29年7月26日

子ども医療の最新情報


子ども医療

新しい「子ども医療費助成受給券」を発送しました。
平成29年8月1日から有効の新しい「子ども医療費助成受給券」を7月24日(月)に発送しました。
新しい受給券の有効期限は、平成30年7月31日までですが、中学3年生のお子様の受給券は平成30年3月31日までですので、ご注意ください。 
 
古い受給券は、期限終了後に子ども家庭課又は各出張所へご返却いただくか、保護者の責任の下で破棄してください。
また、お子様が転出される場合も、転出日以降に流山市の受給券を使用することはできませんので、ご返却いただくか、保護者の責任の下で破棄してください。

子ども医療費助成のご案内

 子どもの福祉の増進のために、中学校までのお子様が、医療機関で保険診療を受けた医療費を、現物給付もしくは償還払いで助成する制度です。

現物給付

子ども医療費助成申請により、「子ども医療費助成受給券」を交付します。受診の際、この受給券と健康保険証を医療機関(保険調剤薬局、接骨院等を含む)の窓口に提示して下さい。(県外では使用できません)  

受給券の発行について

申請日の翌月1日から有効期間を開始します。ただし、出生の場合は出生日から有効期間を開始します。
受給券は、申請月の下旬頃に発送します。また、月末の申請分は翌月の5日頃発送します。
※7月申請分・7月出生児分は、年度更新作業に伴い希望者以外全て8月1日から有効期間を開始します。
なお、入院医療費の精算等で受給券がすぐに必要な方は、「受給券の交付申請書」下部の欄にその旨をわかりやすく記載してください。迅速に受給券を交付できる場合があります。また、子ども家庭課の窓口では受給券を即日手渡しできる場合がありますので、子ども家庭課へお問い合わせください。

 償還払い

医療機関で受給券を提示しなかった場合、県外の医療機関やこの制度による診療を行っていない医療機関で受診した場合は、保険の一部負担金及び入院時の食事療養費に係る負担金を支払い、市の窓口で子ども医療費助成金の交付申請をしてください。後日、市より助成金をお支払いします。 


助成対象者 

 次の2つの要件に該当するお子さまです。

1.流山市に居住し、住民登録をしている。
2.健康保険に加入している。   

 
助成の内容

助成対象 0歳~中学3年生(中学生の通院助成は平成26年12月1日診療分より)
区分 通 院(歯科・調剤を含む) と 入 院  
対象年齢 15歳に達する日以後の最初の3月31日まで
対象となる   医療費 ※健康保険の一部負担金(自己負担額)で、総医療費の2割(小学校就学前)または3割                                                     ※他の公費医療制度の自己負担分                                                        ※食事療養標準負担額(1日3食を限度)                                     ※健康保険の給付対象となる補装具・弱視眼鏡等(0歳~小学3年生)                                         
自己負担金 ・通   院   1回につき  200円                      
・入   院   1日につき  200円                       
・保険調剤    無料                                
※住民税所得割額非課税世帯の方は無料
助成対象外

検診・予防接種の費用、薬の容器代、差額ベッド代、交通費などは助成対象外です。

 

【制度の変遷】 

  平成24年12月1日~
平成25年11月30日診療分
平成25年12月1日~
平成26年11月30日診療分
平成26年12月1日診療分~
助成対象年齢      [通院]
   0歳~小学3年生
   [入院]
   0歳~中学3年生
   [通院]
   0歳~小学6年生
   [入院]
   0歳~中学3年生
   [通院・入院]
   0歳~中学3年生

助成方法

医療費の助成は、現物給付と償還払いの2つの方法です。
                  

現物給付の助成

 
・県内の医療機関で受診するとき
(この制度による診療を行っている医療機関で受診する場合)
 
医療機関(保険調剤薬局、接骨院を含む)の窓口で、受給券と健康保険証を提示してください。
  

償還払いの助成

 
・県外の医療機関で受診するとき
・県内の医療機関で受給券を提示しないで保険診療の一部負担金を支払ったとき等
 
*一部負担金(自己負担額)は、総医療費の2割(小学校就学前)または3割です。
 
健康保険証(受診者)、申請者(保護者)の印鑑(シャチハタ不可)、申請者(保護者)名義の預金通帳、医療費(通院・入院・調剤)の支払いに係る領収書の原本を持参して子ども医療費助成金の交付申請をしてください。後日、指定口座に助成金を振り込みます。
 ※ただし、申請受付の期限は、医療費を支払った日の翌日から起算して2年以内です。
                                        
子ども医療費助成制度の注意点 
  • 健康保険の高額療養費や付加給付金、他の法令等による医療費の助成(小児慢性特定疾患医療など)を受けている場合は、高額療養費・付加給付金や助成金を控除の上で支給します。
  • 学校(保育所(園)を含む)管理下での負傷は、「子ども医療費助成受給券」を使用できません。「日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度」をご利用ください。
  • 交通事故等、第三者の行為によりケガや病気をしたときは、「子ども医療費助成受給券」を使用できません。
  • 保険証等登録情報に変更が生じた場合は、変更届を提出してください。詳しくは下記関連リンク「必要な届け出」をご覧ください。

 

nakamatachi

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子ども家庭課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎1階
電話:04-7150-6082 ファクス:04-7158-6696
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?


このページのトップへ戻る


表示 PC スマートフォン


Copyright (C) City Nagareyama Chiba Japan, All Rights Reserved.