洪水ハザードマップ(概ね200年に1回程度の大雨を想定)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003697  更新日 平成30年7月17日 印刷

 この洪水ハザードマップは、国土交通省江戸川河川事務所が作成した概ね200年に1回程度の大雨が降った場合を想定した「利根川水系江戸川浸水想定区域図」を基に、市民の皆様が迅速かつ安全に避難して頂くことを目的に作成したものです。

 「いざ」という時に備え、このハザードマップをご確認の上、日頃から避難する場所や避難する時の心得をご家族や地域の皆さんで確認して頂き、「避難勧告」「避難指示」等が発令された場合は、逃げ遅れることのないよう準備し、命を守る行動を取って下さい。

 国土交通省関東地方整備局では「想定最大規模」の大雨の洪水浸水想定区域図を公表しています。江戸川・利根川・坂川・利根川をご覧頂き、水害に備えて下さい。

 江戸川河川事務所では、河川の地点ごとに洪水氾濫シミュレーションを行い公表しています。ご確認下さい。 流山市域では、江戸川・利根運河・坂川においてシミュレーションが行われています。

 平成30年6月8日よりスマートフォンでも「想定最大規模」の洪水浸水想定区域図が確認できるようになりました。ぜひご活用下さい。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

土木部 河川課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第2庁舎2階
電話:04-7150-6095 ファクス:04-7150-2862
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。