一般廃棄物処理手数料

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002566  更新日 平成29年9月15日 印刷

一般廃棄物処理手数料は以下の通りです。(消費税相当額含む)

し尿

定額制

  • 世帯人員1人につき月額 324円

従量制

飲食店、旅館、工場、事業所、遊技場、駅、学校その他人員の一定しない建築物及び簡易水洗便所を設置している建築物等

  • 36リットルにつき 324円

浄化槽汚泥

第28条による許可を受けた者が市の施設へ搬入したもの

  • 1,800リットルにつき 432円

汚泥

  • 1立方メートルにつき 7,560円

動物の死体

自ら市長の指定する場所へ搬入するとき

  • 事業者:1体につき 3,240円
  • 事業者以外の者:1体につき 1,080円

市が収集し、運搬し、及び処分するとき

  • 1体につき 3,240円

家庭廃棄物

自ら市長の指定する場所(クリーンセンター)へ搬入するとき(資源化できる剪(せん)定枝を搬入するときを除く。)

  • 10キログラムまでごと 162円

資源化できる剪(せん)定枝を自ら市長の指定する場所(汚泥再生処理センター)へ搬入するとき

  • 無料

粗大ごみを市が収集し、運搬し、及び処分するとき

  • 1点につき 1,080円

その他の一般廃棄物

事業系一般廃棄物(資源化できる剪(せん)定枝を搬入するときを除く。)を自ら市長の指定する場所(クリーンセンター)へ搬入するとき

  • 10キログラムまでごと 162円

事業系一般廃棄物のうち資源化できる剪(せん)定枝を自ら市長の指定する場所(汚泥再生処理センター)へ搬入するとき

  • 10キログラムまでごと 108円

事業系一般廃棄物を第28条第1項の規定により一般廃棄物収集運搬業の許可を受けた者が市長の指定する場所へ搬入するとき

  • 10キログラムまでごと 162円

 

備考

  1. し尿定額制の収集回数は、世帯人員1人から4人までを月1回、5人から8人までを月2回、9人以上 を月3回とし、それらの規定回数を超える部分ついては、従量制とする。
  2. 上記において「粗大ごみ」とは、処理計画に定められている粗大ごみをいう。
  3. 重量に5キログラム未満の端数があるときは、当該端数を切り捨てた後の重量により手数料を算定する。

(注)平成22年4月1日から施行します。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

環境部 クリーンセンター
〒270-0174 流山市下花輪191番地 流山市クリーンセンター
電話:04-7157-7411 ファクス:04-7150-8070
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。