現在位置 : トップページ市政情報市の取り組みファシリティマネジメントサウンディング型市場調査 › サウンディング型市場調査とは


ここから本文です。

サウンディング型市場調査とは

更新日 平成26年10月14日

流山市におけるサウンディング型市場調査

サウンディング型市場調査

流山市のファシリティマネジメントでは個々の案件の内容・公募条件等を行政内部で設定し、早い段階でプロポーザルコンペを行い、事業者(または優先交渉権者)と事業の詳細を決定していくデザインビルド型を採用しています。

「サウンディング型市場調査」は、案件の内容・公募条件等を決定する前段階で、公募により民間事業者の意向調査・直接対話を行い、当該案件のポテンシャルを最大限に高めるための諸条件の整理を行うものです。このことにより、民間事業者にとっても自らのノウハウと創意工夫を事業に反映し、参入しやすい環境(公募条件)とすることができます。

流山市におけるサウンディング型市場調査の特徴

流山市のサウンディング型市場調査では、特に民間事業者のノウハウと市場性を把握することが必要ないくつかの項目を提示し、これと民間事業者による自由な提案を求め、企画提案書を提出いただいた民間事業者のなかから数社にヒアリング調査を行うことを基本としますが、そのときに必要な情報を得るため柔軟な形式をとっていきます。

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

総務部 財産活用課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎2階
電話:04-7150-6069 ファクス:04-7159-0133
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?


このページのトップへ戻る


表示 PC スマートフォン


Copyright (C) City Nagareyama Chiba Japan, All Rights Reserved.