現在位置 : トップページイベント催し・イベント › 朗読劇「俳諧師 小林一茶物語」


ここから本文です。

朗読劇「俳諧師 小林一茶物語」

更新日 平成26年1月31日

イベントカテゴリ:催し・イベント

朗読劇「俳諧師 小林一茶物語」

流山市在住の旅行作家・山本鉱太郎の書き下ろし台本を、
流山市生涯学習センターで朗読ワークショップを指導している日本演出者協会会員・梅田宏が演出します。

流山市生涯学習センターで9月から2月まで半年間、ワークショップを重ねてきた市民の方々の朗読劇による舞台発表です。
松尾芭蕉と並んで我が国を代表する俳人・小林一茶は、流山を第二の故郷として、流山を中心に東葛飾地域の俳句愛好者と交流を持ちました。特に、流山で醸造業を営み、味醂(みりん)の開発者のひとりと言われている、秋元家5代目三左衛門(俳号双樹)の元をたびたび訪れ、支援を受けていたことから「流山は一茶のふるさと」とも言われています。こうしたことから一茶の生まれ故郷・長野県信濃町と流山市は姉妹都市として文化交流を続けています。

開催日
平成26年 2月11日(火曜日)
時間
午後2時から3時30分
場所
生涯学習センター
生涯学習センター(流山エルズ) の施設案内ページ
対象
一般
申し込み
事前申し込みは不要です。
費用
必要です。
500円・高校生以下無料(要予約)
全席自由席

このページに関するお問い合わせ

生涯学習部 生涯学習課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎2階
電話:04-7150-6106 ファクス:04-7150-6521
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?


このページのトップへ戻る


表示 PC スマートフォン


Copyright (C) City Nagareyama Chiba Japan, All Rights Reserved.