現在位置 : トップページトピックスくらし › インフルエンザ注意報が発令


ここから本文です。

インフルエンザ注意報が発令

更新日 平成29年1月26日

インフルエンザを予防しましょう

・千葉県の2017年第3週(1月16日~1月22日)の定点あたりの患者報告数が37.90となり、国の定める注意警報基準値(30)を超えました。

・県はインフルエンザの予防対策をさらに徹底するよう注意を喚起するため、平成29年1月25日に「インフルエンザ警報」を発令しました。

・特に、松戸保健所管内(流山市、松戸市、我孫子市)では定点あたりの報告患者数が46.56と県内3番目に高い患者数となっています。

・インフルエンザは例年12月~3月頃に流行します。いったん流行が始まると、短期間に多くの人へ感染が拡がります。

・インフルエンザにかからないための対策、感染を広げないための対策を一人ひとりが心がけましょう。

インフルエンザについて

インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症です。
 
典型的なインフルエンザの症状は、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などで、のどの痛み、咳、鼻水などもみられます。普通のかぜに比べて全身症状が強いのが特徴です。気管支炎や肺炎などを合併し、重症化することが多いのもインフルエンザの特徴です。
 
インフルエンザは、感染した人のくしゃみや咳に含まれるしぶき(飛沫)を吸い込んだり、しぶき(飛沫)が付着した物を触った手で粘膜(口、鼻、目)をこすったりすることにより感染します。
 

感染を予防するために

1.手洗い・うがいをしましょう。
  特に外出先から帰宅した際や食事の前は必ず行いましょう。

2.人混みはなるべく避けて、外出時にはマスクを着用しましょう。

3.十分な栄養と休養をとるよう心がけ、体調管理をしましょう。

4.室内では加湿器を使用するなどして、適切な湿度(50%から60%)を保つようにしましょう。

インフルエンザにかかったら

1.早めに医療機関を受診しましょう。(外出するときは、マスクを着用しましょう。)

2.十分に水分補給をし、安静にして休養をとりましょう。

3.周囲の人へうつさないように配慮しましょう。

※咳エチケット
 ・咳やくしゃみが出るときには、マスクを着用しましょう。
  マスクがない場合は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ1メートル以上離れましょう。

 ・鼻汁や痰などが付着しているティッシュは、すぐにフタ付きのゴミ箱に捨てましょう。

 ・咳をしている人に、マスク着用をお願いしましょう。

 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康増進課
〒270-0121 流山市西初石4丁目1433番地の1 流山市保健センター
電話:04-7154-0331 ファクス:04-7155-5949
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?


このページのトップへ戻る


表示 PC スマートフォン


Copyright (C) City Nagareyama Chiba Japan, All Rights Reserved.