現在位置 : トップページトピックスくらし › 太陽光発電設備設置奨励金の受け付けを終了


ここから本文です。

太陽光発電設備設置奨励金の受け付けを終了

更新日 平成29年3月3日

太陽光に1キロワットあたり3万円(上限12万円)の奨励金!

平成28年度太陽光発電設備設置奨励金を4月11日(月曜日)から受付開始します。
(注)申請は先着順で予算(18,800,000円)に達した場合はその時点で終了となります。 

本年度の太陽光発電設備設置奨励金は予算に達したため、終了いたしました。

交付対象者

 次の要件をすべて満たす方が対象です。

  1. 平成28年4月1日以降に太陽光発電設備を設置し、支払いを完了し、かつ電気事業者と特定契約(例:東京電力の場合は電力受給契約)を取り交わしていること。
  2. 自ら居住する市内に存する住宅に、市内の事業者(事業所が流山市内に所在するものをいう。)から未使用(中古品不可)の太陽光発電設備を購入し、設置したこと。
  3. 申請日に流山市に住民登録があり、本市の市税を滞納していないこと。

 平成28年3月31日までに費用を支払った方で、申請する日が支払い日から6か月以内の方においても、今年度の予算で奨励金の対象となりますので、期限内に申請手続きをしてください。

対象設備

 対象となる太陽光発電設備は、太陽の光を電力に変換する設備であって、低圧配電線と逆潮流有りで連系するもの。(電気事業者と特定契約(例:東京電力の場合は電力受給契約)を取り交わしているもの)

奨励額

1キロワットあたり3万円(上限12万円)
(注)太陽電池モジュールの最大出力値の小数点以下第3位を四捨五入。1,000円未満の端数は切り捨て。

注意点

  1. 設備はすべて未使用(中古品は対象外)のものが対象となります。 
  2. 奨励金の交付は、1住宅につき、1回に限り交付します。 
  3. 申請は、受付順で行い、予算の範囲内で奨励金の交付を行います。そのため、年度途中であっても申請額が予算額に達した時点で締め切りとなります。

申請書類

平成27年度と申請書類に一部変更がありますのでご注意ください。

※交付申請書と交付請求書には必ず同じ印鑑を押印してください。

添付書類

平成27年度と添付書類に一部変更がありますのでご注意ください。

添付書類 詳細
仕様書

モジュールとパワーコンディショナーのメーカー名と型式番号、及び設置した機器の容量の内訳や合計がわかるもの

特定契約書(コピー)

電気事業者と申請者が契約を締結したことがわかる部分の写し

※東京電力の場合は電力受給契約申込書(東京電力記入欄に記入しているもの)

領収書(コピー)

又は販売証明書

領収書の発行者の住所が流山市であること。

市内事業者から購入・設置し、領収書が流山市の住所でない場合、環境政策・放射能対策課までご相談ください。

住民票 申請書で同意いただいた方は省略可
納税証明書(平成27年度) 申請書で同意いただいた方は省略可
設置工事写真 新築の場合は設置工事後の写真のみ、設置状況がわかる建物の全景の写真

※転入された方、転居された方は、住民登録を行ってから申請をしてください。 

代理で申請される方へ

 申請者は交付対象者本人または同居の家族としますが、やむを得ず代理で申請される場合は、委任状(任意様式)を添付してください。

リーフレット・規則

交付申請件数(平成28年度分を公開しています)

平成28年度太陽光発電設備設置奨励金申請件数(随時更新)

  第1回 第2回 第3回  第4回  第5回  第6回
件数 5件 3件 6件 18 件 12 件  18件
交付額 573,000円 247,000円 662,000円 2,089,000円 1,397,000円 2,065,000円

 

 

第7回

 第8回

 第9回

 第10回

 第11回

第12回      

件数

18件

16 件

 18件

17件

30件

 件

交付額

2,025,000円

1,773,000円

2,102,000円

2,018,000円

 3,406,000円

 円

予算額:18,800,000円

よくある質問

質問1:「市内の事業者」とはどこまでの範囲をいうのか教えてください。

回答
市内の事業者とは、事業所の所在が市内にあるものをいい、領収書の住所が市内のものをいいます。

質問2:市外に本社のある建物販売会社で建物を新築するが、その際、同時に設置する太陽光発電設備は奨励金の対象になりますか。

回答
市内に事業所があれば対象となります。領収書が市外の住所で発行される場合は、環境政策・放射能対策課までご相談ください。

質問3:「自ら居住する市内に存する住宅」について、具体的に教えてください。

回答
申請者本人が居住している住宅です。住宅でも自ら居住しないアパートや貸家は対象外になります。なお、第三者が所有する住宅であっても住宅所有者の承諾があり自ら購入・設置した方は交付対象者となります。

質問4:店舗併用住宅やアパート併用住宅でも対象となりますか。

回答
上記と同様の考えで自ら居住していれば対象になります。

質問5:太陽光発電設備の設置完了とは、どの時点なのかを教えてください。

回答
電力会社との電力受給契約日をもって設置完了としています。そのため、設備の設置が完了し、費用の支払いが済んでいても、上記契約が終えてない段階では申請はできませんのでご注意ください。

質問6:添付書類に領収書とありますが、どのようなものを添付すれば良いでしょうか。

回答
太陽光発電設備単体の費用が分かるものを提出してください。他の設備や工事の金額が含まれている場合、お手数でも業者から太陽光発電設備の設置に係る単体の金額が分かる販売証明書を発行してもらい、添付してください。

関連リンク

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境政策・放射能対策課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎2階
電話:04-7150-6083 ファクス:04-7150-6521
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?


このページのトップへ戻る


表示 PC スマートフォン


Copyright (C) City Nagareyama Chiba Japan, All Rights Reserved.