応急手当普及員講習・再講習を開催

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1019249  更新日 平成30年9月11日 印刷

イベントカテゴリ: 講座・教室

応急手当普及員講習・再講習の開催について

下記日程にて応急手当普及員講習(再講習含む)を開催します。

開催日

平成30年9月17日(月曜日) 、9月23日(日曜日) 、9月24日(月曜日)

開催時間

9時 から 17時 まで

3日間すべて受講していただく講習です。
(再講習の方は9月24日の一部のみの受講です)

場所

その他
流山市消防本部(3階大会議室)

対象

小・中学生、一般、高齢者

市内在住または在勤の中学生以上

内容

応急手当普及員の資格を取得するための講習会です。

1 応急手当普及員とは

 認定証を取得すると、住民に対する応急手当(心肺蘇生法など)の指導を行うことができます。

2 どのような場面で使える資格なのか

 流山市では、普通救命講習(心肺蘇生法等を学ぶ3時間の講習)を応急手当普及員の方とともに実施しています。認定証発行後は、指導者として普通救命講習に御参加いただけるかメールやファクスにてお願いすることがありますが、参加の可否は任意です。

3 応急手当普及員講習の内容

 合計24時間の講習を受講していただきますが、講習内容の例を抜粋します。

  • 成人、小児、乳児に対する心肺蘇生法の知識、技術、指導方法の習得
  • 気道異物(窒息)の除去方法に関する知識、技術、指導方法の習得
  • 大出血に対する処置の知識、技術、指導方法の習得
  • 熱中症、溺水、けいれん等への対処方法に関する知識の習得
  • 傷病者の搬送方法や体位管理に関する知識の習得
  • 人体の解剖生理学に関する知識(主に循環器系、呼吸器系、脳神経系)の習得

4 応急手当普及員認定証の有効期限

 3年です。

 期限内に再講習を受講することにより、さらに3年間有効となります。

 

申し込み

申し込みは終了しました。

費用

不要です。

受講料は無料ですが、事前に市販のテキストを各自購入し当日御持参いただく必要があります。

『応急手当指導者標準テキスト ガイドライン2015対応』 (東京法令出版)

定価:3,400円+税

交通案内

京成バス: 「花輪城跡公園前」または「三輪の山」下車、徒歩2分

東武バス: 「三輪野山」下車、徒歩5分

定員

初めての方:12人

再講習の方:5人

(いずれも先着順)

持ち物

1 テキスト(各自事前購入)

 『応急手当指導者標準テキスト ガイドライン2015対応』(東京法令出版)

 定価:3,400円+税

2 筆記用具

3 昼食

講師
流山市消防本部救急隊員

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

消防本部 消防防災課
〒270-0175 流山市三輪野山1丁目994番地 流山市消防本部
電話:04-7158-0151 ファクス:04-7158-0276
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。