水道管の凍結にご注意ください

ページ番号1017380  更新日 平成30年1月31日 印刷

気温が-4℃以下になりますと、水道の水が凍ったり、水道管が破裂したりします。特に多い箇所は下記の通りです。

  • 水道管がむき出しになっているところ
  • 水道管が北向きの日陰にあるところ

  • 風当たりの強い戸外にある水道管

 

水道管が凍ってしまい水が出ないときは

タオルや布をかぶせ、その上からゆっくりと「ぬるま湯」をかけて溶かします。

急に熱湯をかけると、水道管蛇口が破裂することがありますので特に注意してください。

水道管の凍結を防ぐには

水道管や蛇口の部分に保温材を取り付けてください。この保温材には、取り付け簡単な市販品がありますが、手近なものとしては、布、ナイロン、フェルト等があります。

なお、指定給水装置工事店でも取り付けます。

※指定給水装置工事店に依頼する場合は有料になります。

水道管が破裂したときは

まず、止水栓を閉めて水を止め、破裂した部分に布かテープをしっかりと巻きつけて応急手当をしてください。

そして指定給水装置工事店に修繕をお申し込みください。

※指定給水装置工事店に修繕を依頼する場合は有料になります。

水道管凍結に関するお問い合わせ先

流山水道センター電話番号 04-7159-9106 (24時間受付)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?