ぐるっと流山 緑のカーテン写真コンテスト・ゴーヤレシピコンテスト表彰式

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1019924  更新日 平成30年11月9日 印刷

写真:表彰状を受け取る受賞者

 平成30年10月31日(水曜日)、市役所で「第11回緑のカーテン写真コンテスト」「第9回ゴーヤレシピコンテスト」の表彰式が行われました。このコンテストは市が地球温暖化対策の一環として流山ゴーヤカーテン普及促進協議会に委託して行っている事業で、見事に茂ったつる性植物でできたカーテンの写真やゴーヤのレシピを募集し、市民投票と審査により入賞作品を決定するものです。

写真:市長と受賞者の懇談の様子

 表彰式で井崎市長は「緑のカーテンは地球温暖化対策の効果があり、夏の電力消費を抑えています。本年度の写真コンテストでは、個人の部、事業者の部、小中学校の部で計31件の応募がある中で選ばれたすばらしい作品です。ゴーヤレシピコンテストでは、16件の応募があり、受賞者の方の作品はどれもすばらしかったです」と話しました。

写真:市長と受賞者の懇談の様子

 懇談では、入賞者のそれぞれがカーテン作りの苦労や工夫などを話しました。個人部門で金賞受賞の藤沢幸夫さんは、緑のカーテンを家の外と中から撮影し、2枚の写真を組み合わせるといった点にこだわったそうです。

写真:懇談の様子

 レシピコンテスト金賞の美田・美都里会男の料理同好会・飯沼二三男さんの作品「ゴーヤのMAGIC SALT 五色炒め」は、ゴーヤ、豚肉、パプリカ、トマト、エリンギを色鮮やかな食材を炒めたものです。先に行われた試食審査を行った市長も「さまざまなゴーヤのアイディア料理がでており、どれもおいしく評価も非常に難しい中、受賞者の方の料理は見た目、味ともに素晴らしかったです」と高評価でした。

写真:懇談の様子

 市内のほとんどの小中学校で緑のカーテン作りに取り組んでいます。小中学校の部で金賞を受賞した西初石小学校では、小学4年生が頑張って育て、緑のカーテンの幅を昨年より増やして育てたそうです。

写真:集合写真

 事業所の部で金賞を受賞したNPO法人市民助け合いネット(初石公民館)では、今年は緑のカーテンが立派に育ち、来場者の人にも好評だったそうです。
 来年も緑のカーテン写真コンテストやゴーヤレシピコンテストを行う予定です。まだ緑のカーテンにチャレンジしたことがないという人は、身近な地球温暖化対策の一つでもある緑のカーテンにチャレンジし、ぜひ、緑のカーテン写真コンテスト・ゴーヤレシピコンテストに応募してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。