ぐるっと流山 赤い羽根共同募金チャリティーコンサート 秋のココペリ演奏会

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1019488  更新日 平成30年10月19日 印刷

写真:赤い羽根協同募金箱

 平成30年9月9日(日曜日)、森の図書館で「赤い羽根共同募金チャリティーコンサート 秋のココペリ演奏会」が開催され、当日は60人の方が来場し演奏を楽しみました。出演は、市内で活動されている吹奏楽団「アンサンブル・ココペリ」です。森の図書館では、年間を通して図書館の利用者に音楽を楽しめる場としても活用していただくため、年間を通してさまざまなコンサートを開催しています。今回は赤い羽根共同募金チャリティーコンサートとして、募金箱が会場の入り口に置かれ、7,043円の寄付が集まりました。このお金は、流山市社会福祉協議会で地域のさまざまな福祉活動に役立てられます。

写真:演奏の様子

 アンサンブル・ココペリは、森の図書館の視聴覚室で練習を行っている吹奏楽団です。ココペリという名前はアメリカン先住民の笛を吹く精霊の名前から付けられました。小学生から70代までの幅広いメンバーで構成されており、最年少は小学校6年生のクラリネット奏者、古閑一優さんです。古閑さんがクラリネットを始めたのは3年生の時からで、「ゲームのキャラクターがクラリネットを演奏していたのがきっかけです」と話してくれました。
 15人のメンバーは、精霊がプリントされたお揃いのシャツを着てステージに上がり、コンサートが始まりました。

写真:演奏の様子

 アニメ映画メドレーや軽快なリズムの行進曲、マーチ、映画音楽、秋の童謡メドレー、ドラマテーマ曲などが演奏され、子どもから高齢の方まで、皆さんリズムに乗って体を揺らし楽しんでいる様子で、最前列に座っていた小さな男の子は、知っている曲に思わず立ち上がって大喜び。曲の間には楽器の特徴や音域の広さについての解説もあり、クラリネット奏者・川口恵実さんから「それぞれの曲でどの楽器が鳴っているのか聴いてみてください」と案内があると、皆さん熱心に曲に耳を傾けていました。

写真:会場の皆さんで合唱

 アンコールでは、今夏の地震や台風・竜巻・豪雨などの被災地の復興を願って「花は咲く」を皆さんで歌い、コンサートの幕が閉じました。会場からは、「楽しい時間を過ごすことができました」「久しぶりのコンサートで心が穏やかになりました」「知っている曲や一緒に歌える曲があり楽しめました」などの感想が聞かれ、歌や手拍子も交えて会場が一体になったコンサートとなりました。
 森の図書館では、平成31年1月にも赤い羽根共同募金チャリティーコンサートを予定しています。詳細は、今後の広報ながれやまや森の図書館のホームページでお知らせする予定です。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。