ぐるっと流山 市内の最高齢者を井崎市長がお祝い

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1019480  更新日 平成30年9月26日 印刷

市長から花束を受け取る長谷川さんの写真

 敬老の日の9月17日に合わせ、井崎市長が市内の最高齢者をお祝いしました。今年、最高齢者になられたのは江戸川台西の長谷川ナミさんです。長谷川さんは、明治44年5月30日生まれの満107歳。当日は、長谷川さんが入所されている市内の老人ホームを市長が訪問し、お祝いの賞状と花束を手渡しました。今年の夏には長谷川さんの「浜辺を歩きたい」という希望でご家族と旅行に出かけ、ご長寿のお祝いをされたそうで、ご家族は「行きたいところに行き、やりたいことをやるのが長寿の秘訣だと思います」と話してくださいました。

市長と増山さんの記念写真

 男性の市内最高齢者は、向小金の増山榮三郎さんです。増山さんは、大正4年5月21日生まれの満103歳。当日は、増山さんが入所されている松戸市の老人ホームを市長が訪問しました。お祝いの言葉とともに賞状と花束が手渡されると、増山さんはしっかりとした声で「感謝申し上げます」と話してくださいました。施設ではご自分のペースで生活されており、ご家族もよくお越しになるとのことで、生活を楽しまれている様子でした。
 市内で今年9月1日現在、100歳以上の方は男性が13人、女性が68人です。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。