ぐるっと流山 子育てママのセミナー あかちゃんといっしょ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1019375  更新日 平成30年9月7日 印刷

写真:ママ同士の挨拶

 平成30年9月3日(月曜日)、北部公民館で公民館講座「子育てママのセミナー あかちゃんといっしょ」が開催されました。この講座は、0歳の赤ちゃんを育てるママたちの日々の悩み解消と子育て仲間との出会いの場として、連続3回の講座を市内6カ所で開催。当日は2カ月から5カ月の赤ちゃんを連れた6組の親子が参加しました。

写真:あかちゃんをあやすお母さんたち

 初日は、千葉県助産師会助産師として地域で母乳育児相談などを行っている米村洋子さんによる「あかちゃんはスキンシップがおすき」。まずは初めて顔を合わせるママたち同士で自己紹介をしました。
 夜いつまでも添い寝添い乳していて大丈夫なのか、順調に発達しているのかなど、日頃の心配を話すママに、「赤ちゃんのほっぺが膨らんでいれば大丈夫。手足の肉付きがよくむちむちしていて、よく寝ていれば全く心配ないですよ」と米村さんから話があり、ママたちは一安心した様子でした。

写真:マッサージを受けるあかちゃんたちの様子

 赤ちゃんとのスキンシップタイムでは顔マッサージから始まり、頭・腕をさすっていくと赤ちゃんは気持ちよさそうな様子。肺を丈夫にする体操や、腸にもいいという膝を持って曲げたり伸ばしたりという運動をすると、ママからの声かけに赤ちゃんたちはご機嫌でした。眠くなってぐずる赤ちゃんも出てきましたが、のんびりした空間でみんながすぐに打ち解けて、和気あいあいと講座は進みました。「想像力が豊かになるから、赤ちゃんには本も読んであげてね」と米村さんは話していました。

写真:絵本の話をじっくり聞くあかちゃんたち

 最後に身近にあるもので作ったおもちゃを紹介。牛乳パックで作った飛び出すおもちゃやペットボトルのふたで作ったガラガラヘビ、マヨネーズの空きケースで作ったマラカスなど、何でも近くにあるものでできる安全なおもちゃ作ってみてくださいね。と話す米村さんは「子育ては、我が子が教えてくれます。ママが楽な気持ちで楽しく子育てしてほしいですね」と伝えていました。子育てママのセミナーあかちゃんといっしょは、10月は南流山センター、11月は中央公民館を会場に行います。詳細は文化会館(電話04-7158-3462)にお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。