ぐるっと流山 森の美術館 所蔵展vol.4を開催

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1019163  更新日 平成30年8月13日 印刷

生活の中に文化の薫りを

写真:森の美術館の外観

 平成30年9月30日(日曜日)まで、森の美術館(大畔)で「所蔵展vol.4」が開催されています(月・火曜休館(8月11日~15日は夏季休館)、大人600円、小学生以下無料)。
 同美術館は、地域の芸術文化活動に貢献することを目的に一昨年8月に私立美術館としてオープンしました。

写真:絵画を眺める来館者

 今回の所蔵展では、主に若手の芸術家たちの作品を展示。館長の森忠行さんは、「技術力の高い若手芸術家たちの作品に触れて頂きたく企画しました。観る機会の少ない作品にもすばらしいものはたくさんあります。作品との出会いを楽しみつつ、本物の文化の薫りを皆さんの生活のひと時に取り入れていただければ幸いです」と笑顔で語ってくれました。

写真:絵画を眺める来館者2

 また、同美術館は近隣の小・中学校との鑑賞授業や、写生指導会などのイベントも開催。「流山には絵画に関心のある子どもたちや、絵を描くことを趣味とされている方がたくさんいらっしゃいます。そうした人たちとの交流の場としても活躍していきたいと考えています」と森館長は話してくれました。

写真:美術館に飾られる作品の数々

 初めて来館された、東初石からお越しの伊藤啓子さんと浅川芳江さんは、「自然の中にひっそりと佇む美術館で、普段の生活にはなかった雰囲気を味わうことができました。展示されたすばらしい作品の数々を観覧した後に、緑の映える景色を眺めながらゆっくりとお茶を楽しめるので、また訪れたいと思います」と語ってくれました。

写真:館内から眺める自然の景色

 同美術館では、8月26日にジャズフェスティバルタイアップ企画「森の美術館2周年記念企画 森のコンサート」を開催予定です。事前の申し込みは不要ですので、絵画に囲まれた空間で行われるコンサートをぜひ、お楽しみください。定員など詳細は、森の美術館(電話04-7136‐2207)にお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。