ぐるっと流山 「日中韓」国画・書法展を開催

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018828  更新日 平成30年6月27日 印刷

日・中・韓の絵と書 100点超を一堂に展示

写真:会場の様子

 平成30年6月28日(木曜日)まで、日本・中国・韓国それぞれの絵と書の作品を展示する「日中韓」国画・書法展(同実行委員会主催、藤島博文実行委員長)が生涯学習センター(流山エルズ)で開催されています。初日となる23日(土曜日)には、開会に先立ちオープニングセレモニーが行われ、テープカットや開会を祝う中国舞踊の披露などが行われました。

写真:会場の様子

 この展覧会は、いにしえより文化芸術交流の深い日本・中国・韓国の絵画や書に触れる機会を流山市から発信しようと企画されたもので、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を2年後に控え、文化芸術分野での協力も発展することを期待して開催されるものです。会場には100点を超える作品が一堂に展示され、民族的な伝統文化による多種多様な技法を楽しむことができます。

写真:会場の様子

 実行委員長の藤島博文さんは「3カ国の国画や書道を、一つの美の空間に展示しました。現代に生きるアジアの伝統美と精神美の世界を感じて頂ければ」とお話しされていました。藤島さんは、これまでも生涯学習センターで市の鳥「オオタカ」の写生ワークショップやハープの生演奏に合わせてステージで日本画を描くライブ、絵画展や講演会を開催するなど多彩な活動を続けています。

写真:会場の様子

 今回の展覧会では、第一線で活躍する各国の芸術家の作品に加え、生涯学習センター(流山エルズ)の日本画講座の受講生有志で結成された「日本画千薔薇会」のメンバーの作品も展示されています。展示は6月28日(木曜日)まで、9時から17時まで(28日は15時まで)。入場は無料です。多彩な作品の数々をぜひ、ご覧ください。お問い合わせは生涯学習センター(流山エルズ)(電話04-7150-7474)まで。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

流山市役所
代表電話:04-7158-1111
〒270-0192 千葉県流山市平和台1-1-1