ぐるっと流山 あかちゃんと一緒にわらべうたベビーマッサージ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018812  更新日 平成30年6月26日 印刷

写真:マッサージの様子

 平成30年6月20日(水曜日)、森の図書館で「あかちゃんと一緒にわらべうたベビーマッサージ」が開催されました。このイベントは、わらべうたを歌いながら赤ちゃんにマッサージをし、リラックスしたふれあいの時間を過ごすものです。当日は、講師に日本ベビーサイン協会マスターインストラクター・NPO法人わらべうたベビーマッサージ研究会認定インストラクター・看護師の牛木貴恵さんを迎え、生後2~6カ月の赤ちゃんと保護者、合計18組が参加しました。

写真:参加者のみなさんの様子

 わらべうたベビーマッサージは、助産師が考案したものです。「わらべうたには子どもとのふれあいがたくさんあり、安心して子育てができる知恵が詰まっている」と牛木さんは話します。小さい頃、怪我をしたときによく聞く「いたいのいたいのとんでいけ」というのも、わらべうたのひとつです。

写真:わらべうたに合わせて赤ちゃんをマッサージ

 牛木さんからの説明を受けた後、わらべうたに合わせて赤ちゃんの手足をなでたり、くすぐったりと親子でスキンシップをとりました。すると、泣いていた赤ちゃんも泣き止み、お母さんの声とわらべうたに安心している様子でした。中には、裸になってベビーオイル(パッチテスト済み)を塗り、ベビーマッサージを受けているあかちゃんもいて、気持ちよさそうでした。

写真:わらべうたに合わせて赤ちゃんをマッサージ

 マッサージで血液の循環がよくなり体がポカポカして、イベントが終わる頃には、ぐっすり眠ってしまう赤ちゃんがほとんどでした。保護者の皆さんは、牛木さんに育児のアドバイスを聞いたり、保護者同士で話し合う様子も見られ、とても和やかな雰囲気でした。「自分自身もリラックスして楽しむことができました」「家に帰って家族でやってみます」など感想があり、皆さん満足の時間を過ごせたようです。

写真:講師の牛木さん

 森の図書館では、8月8日(水曜日)に生涯学習センター(流山エルズ)で、おはなし会や工作会、コンサートなどが楽しめる「図書館わくわくフェスin生涯学習センター」、また、11月には「赤ちゃんと一緒にベビーサイン」を開催する予定しています。詳細は今後の広報ながれやまや森の図書館ホームページをご覧ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。