ぐるっと流山 ギャラリーガラス展示「流山ジャズフェスティバル7年の軌跡」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1018772  更新日 平成30年6月19日 印刷

写真:展示の様子

 平成30年6月30日(土曜日)まで、森の図書館のギャラリーガラス展示では、写真展「流山ジャズフェスティバル7年の軌跡」が開催されています。流山ジャズフェスティバルは、東日本大震災をきっかけに、平成23年から被災地の復興を願いスタートしました。
 今回、展示されている写真は22枚。東日本大震災の被災地、仙台から出演されたユニット「ハッピー・トコ」や、おおたかの森駅前広場で開催された、漫才協会所属おぼんこぼん師匠率いる「漫響楽団」の演奏の様子、流山出身のトランペッター曾根麻央さん・辰巳哲也さんの演奏する姿など、これまで市内で行われた演奏の様子を、大きな写真でご覧いただけます。

写真:展示された写真やタブロイド紙

 写真展に訪れた市内在住の女性は、「ジャズフェスには参加したことはありませんが、曾根麻央さんはよく知っています。とてもかっこよくて素敵な写真ですね」と話していました。展示された写真は、そのほとんどが実行委員会により撮影されたものです。コンサート前に小中学校を訪問し、体育館で子ども達に指導をする、総合プロデューサーでジャズドラマーの猪俣猛さんの姿など、本番に限らず練習風景を切りとった写真は、関係者ならではのもの。また、写真と共に過去のタブロイド紙も展示されています。

写真:ジャズに関する書籍やCDの展示

 写真展は、9時30分~17時に開催しています(月曜休館、6月30日は16時まで)。また、写真展に併せて、図書館内ではジャズに関する書籍やCDも展示中です。詳細は、森の図書館(電話04-7152-3200)まで。

写真:展示された写真

 流山ジャズフェスティバルは、ボランティアの皆さんにより運営されており、チャリティーコンサートという形で、被災地や病気の子どもたちへの支援を続けています。今年も6月23日(土曜日)の「猪俣猛ジャズオーケストラコンサート」を皮切りに、9月8日(土曜日)の「流鉄ビア電車&切り絵行灯と音楽の夕べ」までのおよそ2カ月半、市内17の会場で「第8回流山ジャズフェスティバル」が行われます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。