ぐるっと流山 家庭教育合同公開講演会・家庭教育講座準備委員会議を開催

ページ番号1018722  更新日 平成30年6月15日 印刷

「カンボジアに学校つくっちゃた!~創ろう。遊ぼう。旅をしよう。~」をテーマに講演会

写真:講師の橋本博司さん

 平成30年6月4日(月曜日)、文化会館で家庭教育合同公開講演会が開催され、NPO法人HERO代表の橋本博司さんを講師に迎え、「カンボジアに学校つくっちゃた!~創ろう。遊ぼう。旅をしよう。~」と題してお話をいただきました。
 講演会は「皆さん、魚の絵を描いてみてください!」の一言から始まりました。受講者の皆さんが魚の絵を描いてみると、結果はほとんど全員が左を向いた魚の絵でした。なぜ正面でもなく、右向きでもない、左を向いた魚を描いたのでしょうか。橋本さんは、その理由を、普段スーパーなどで見かける魚が左向きであり、そこから「固定概念」を持ってしまっているためと話しました。

写真:講師の橋本さん

 橋本さんは、現在までにカンボジアに公立の小学校を18カ所作りました。二十歳のときに訪れたカンボジアで、十分に教育を受けることができない子ども達のいる現実を目の当たりにし、小学校を作ることを決意したのだそうです。その決意から12年後の平成22年に1校目の小学校を作り、夢を実現されました。平成30年5月までに18カ所の小学校を作り、現在は図書館やクリニックの運営もしています。

写真:講演会の様子

 また、親として意識して出来ることとして、「子どもの心に火を点けること(内なる動機から発生するもの)」「その子の未来と成長を信じること」「大人が本気で遊ぶこと(夢を持って本気で何かをすること)」などを挙げられました。

写真:講演の様子

 固定概念に捉われることなく、大人がいきいきと夢を語り、本気で取り組んでいくことによって、子ども達が自由に夢を描くことが出来るのではないかと話されました。
 橋本さんは、「旅するように働く」を人生のテーマにしているそうで、可能性0%を1%に変えるべく、新しいことへの挑戦は今日も続きます。

写真:準備委員会の様子

 講演会に続き、家庭教育講座準備委員会議が開催されました。会議では、市内6地区に分かれて、家庭教育講座の具体的な企画運営について意見交換が行われました。「流山市家庭教育講座」は、公民館と市内小・中学校、および各学校PTAとの協働により、保護者が家庭で子どもの教育を行う上での心構えや接し方などを集団で学習する場として開設しています。一般公開講座を開催する際には、広報ながれやまなどでお知らせする予定ですので、興味のある方はぜひ、ご参加ください。お問い合わせは文化会館(電話04-7158-3462)まで。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。