ぐるっと流山 講演会「世界レベルのアスリートに聞く スポーツ・運動の「する・観る・支える」」

ページ番号1018720  更新日 平成30年6月15日 印刷

フリースタイルスキーモーグル世界大会銅メダリストの原大智さんを講師に講演会

写真:講演会場の様子

 平成30年6月10日(日曜日)、キッコーマン アリーナで講演会「世界レベルのアスリートに聞く スポーツ・運動の「する・観る・支える」」が開催され、当日は100人以上の方が参加しました。
 講師には、フリースタイルスキーモーグル世界大会銅メダリストの原大智さんと米澤和洋コーチをお招きし、原さんの生い立ちや出場された大会の様子、一般の方でも実践できるトレーニング方法などを語っていただきました。

写真:講演会の様子

 原さんは、幼い頃からスキーを始め、2018平昌オリンピックではフリースタイルスキーモーグルで銅メダルを獲得。オリンピックで活躍するために何が必要なのかを意識して、コーチと相談しながらトレーニングしていることなどを話していました。激しい競技を行うための故障予防策として、筋肉をつけるトレーニングに力を入れたり、ベストのパフォーマンスを出せる体脂肪率にするための食事管理もしているそうです。一般の人でも実践できるトレーニング方法には、激しい運動後の整理運動として、走った後のストレッチが紹介されました。
 また、原さんから大会運営ボランティアの紹介もあり、「選手が競技に集中できるように、さりげなくサポートをしてもらいながら、多くの場面で支えられています」と話していました。
 講演会後には、多くの市民の方が原選手と記念写真を撮影されていました。

写真:講演会の様子

 併せて、市教育委員会から、同日から発足した「流山市スポーツボランティア制度」について説明がありました。この制度は、2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、スポーツを地域に根付かせるために、流山ロードレース大会や海外チームの事前キャンプの際に、登録制により一般市民のスポーツボランティアを募るものです。スポーツを「する」「観る」だけでなく、「支える」面でも、市内外を問わず参加できる制度ですので、多くの方々のご登録をお待ちしています。詳細は、スポーツ振興課(電話:04-7157-2225)にお問い合わせください。
 流山市では今後ともオランダのホストタウンとして、関係機関と連携しながら、オリンピアン・パラリンピアンと市民との交流の機会を設けていきたいと考えています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。