ぐるっと流山 流山グリーンフェスティバル2018 環境イベント

ページ番号1018255  更新日 平成30年5月9日 印刷

写真:ゴーヤの育て方講習会を実施

 平成30年5月4日(祝日)、流山グリーンフェスティバル2018の同時開催で環境イベントが行われました。流山おおたかの森駅自由通路では、「流山ゴーヤカーテン普及促進協議会(通称:ゴーヤクラブ)」によるゴーヤの育て方講習会を実施。松島名誉会長からゴーヤを利用した緑のカーテンの育て方について説明がありました。土づくりの説明や種からの緑のカーテンを上手に作るコツの説明があり、参加者からはゴーヤを上手に育てる方法に関しての質問も多くありました。

写真:市野谷の森に向かう参加者

 「ケビン・ショートさんと親子でおおたかの森探検ツアー」を実施しました。毎年大人気のイベントで、今回は45人の親子が参加し、市野谷の森(通称:おおたかの森)をケビンさんと一緒に探検しました。ケビンさんは道端に生えている草花から、森で生育している木まで、さまざまな説明をしながら移動しました。参加した子どもたちはケビンさんからプレゼントされた探検グッズを身につけ、メモを取りながらケビンさんの説明を熱心に聞いていました。

写真:ケビン・ショートさんと親子でおおたかの森探検ツアー

 森の中に入った後は、木の種類による違いを学ぶため、のこぎりを使って木を切る体験を行いました。子どもたちはケヤキとサクラの2種類の木を、大人に木を押さえてもらいながら、思い思いの長さに切りました。木を切る作業は大変ですが、切り終わると子どもたちはとても満足げな様子でした。

写真:環境ブースに集まるイベント参加者の皆さん

 グリーンフェスティバル会場内の環境政策課ブースでは、流山市のいきものに関する展示や折り紙体験を行いました。平成30年3月に流山市の鳥にオオタカを制定したことをうけて、オオタカのパネルを展示しました。また、折り紙体験コーナーではオオタカなどの折り紙体験を行いました。中でもオオタカは難易度が高く、折るのに時間がかかりますが、多くの子どもたちがオオタカにチャレンジしていました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。