ぐるっと流山 白みりんおみやげ観光推進拠点「machimin(まちみん)」がオープン

ページ番号1018072  更新日 平成30年4月16日 印刷

世代を超えて人が集まれるフリースペースに

machiminの内覧をする市民の方の写真

 平成30年4月1日(日曜日)、流鉄流山線流山駅の隣の古い建物を改装した、白みりんおみやげ観光推進拠点「machimin(まちみん)」がオープンしました。
 machiminは、市が流山本町と利根運河地区の活性化のために、歴史的な建造物などを利用して新たに店舗などに活用する際に交付する、流山本町・利根運河ツーリズム推進事業補助金を活用しています。

来場者に白みりんキャラメルをふるまう写真
白みりんを使ったキャラメルなどがふるまわれました

 machiminは、流鉄流山線流山駅の右手に古くからある建物を改装した憩いのスペースで、「まちをみんなでつくる」をコンセプトに、世代を超えた人たちの輪を広げる場として活用されることが期待されています。また、流山発祥の白みりんを使用したマシュマロ・キャラメルなどのオリジナル商品の製造・販売や、流鉄のジオラマなどの展示のほか、流山本町散策ガイドツアーなどの発着所にもなり、観光情報を発信します。

テープカットを行う右から池森会頭、井崎市長、手塚さん、浅田健嗣常務取締役の写真

 オープニングセレモニーには、近隣にお住まいの方など約100人の方が訪れ、machiminを運営する株式会社Wacreationの手塚純子代表と池森政治流山商工会議所会頭、流鉄株式会社浅田健嗣常務取締役、井崎市長によるテープカットが行われました。井崎市長は「おめでとうございます。流山本町に長く住んでいた方と、新しく流山にお越しになった方が力を合わせてできたこの場所が拠点となって、流山の観光資源がフル活用されることを期待しています」と挨拶をしました。

挨拶を行う池森会頭の写真

 池森会頭は「流山駅前に位置し、流山本町の玄関口となる場所です。白みりんを使った商品を販売するだけでなく、ガイドとしての役割も期待しています」と述べられました。
 浅田常務取締役は、「手塚さんと初めにお会いしたのは、赤ちゃんを抱っこしているころでした。小さいお子さんを連れてお話しされる姿に意欲と情熱を感じ、すぐに快諾しました。若い力に期待をしながら応援していきたい」と話をされました。

挨拶を行う手塚さんの写真

 代表の手塚さんは、「2カ月間、準備など猛スピードで駆け抜けてきました。一緒に準備してくださった方は64人にもなり、初めから知り合いの方ばかりではありませんでした。力を貸してくださった皆さんや、machiminを訪れる方々に、今度は私が力を貸して行きたい」と話をされました。

来場した市民の方との集合写真

 machiminでは今後、多世代交流につながるような企画なども予定されています。白みりんを使ったお菓子でくつろいだり、ガイド付きの流山本町まち歩きを楽しむためなどにぜひ、お越しください。

営業時間:10時から16時(定休は年末年始のみ)
所在地:流山1丁目264
電話:090-5670-5481(手塚)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。