ぐるっと流山 児童センターで起震車・消防車の乗車体験

ページ番号1017675  更新日 平成30年3月9日 印刷

起震車乗車体験の様子の写真

 春の全国火災予防週間期間の平成30年3月5日(月曜日)に、江戸川台福祉会館・児童センター合同の避難訓練と乗車体験が行われました。午前中は雨予報でしたが朝には薄日も射し、乗車体験を楽しみにしていた親子約50組が参加しました。
 児童センターに来館した親子がそれぞれ遊んでいると、突然「地震発生」のアナウンスが流れ、あちこちで遊んでいた親子は職員の掛け声のもと部屋の中央に集まり体を丸めて子どもたちを守りながら待機しました。その後、2回給湯室からの「火事発生」のアナウンスが流れ、全員でグランドまで避難しました。

水消火器の体験の写真

 福祉会館利用者と児童センターにいた親子・職員の人数の点呼をし、消防職員へ報告、その後、消防職員からのお話と水消火器を使っての火消訓練を体験しました。訓練では「火事だー!」と声をだし、炎のマークの的に向けてホースを伸ばし、水をかけて倒しました。また、起震車体験では震度7までの揺れを体験し、改めて家庭内での地震対策を話し合う保護者もいました。

消防車乗車体験の様子の写真

 最後にはお楽しみの消防車乗車体験をさせてもらい、運転席や助手席に座って記念撮影をしたり、工具や電話の設備を見せてもらったりと楽しい時間を過ごしました。最後はみんなで消防職員に元気よく挨拶をし、訓練を終了しました。
 児童センターでは、これから春休み期間に「春休みチャレンジ」など学童向けに楽しい行事をたくさん企画しています。ぜひ、遊びに来てください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問い合わせ

総合政策部 秘書広報課
〒270-0192 流山市平和台1丁目1番地の1 第1庁舎3階
電話:04-7150-6063 ファクス:04-7150-0111
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。